ぱっちりした目になるなら

女医

留意点と利用目的

実際は二重のラインを持っていても、皮膚の折り込み位置が深ければ奥二重となり、外見上は一重マブタになってしまいます。この場合も美容外科の整形治療を受ければ二重に改善できますが、既にある奥二重のラインを活かしますと、より自然に仕上げられるケースも少なくありません。ですから新規でラインを形成したい場合でもその点に留意し、既存のラインを活かした治療方法をドクターに相談してみるのも良いでしょう。また、二重の整形費用は各美容クリニックでそれなりに金額的な開きもありますが、治療先は医師の治療実績や実力で選んだ方が得策です。大切な目元の施術なので、信頼できる美容外科で治療を受けるためにも、料金だけで決めないように気を付けましょう。そのほか、整形方法には切開法と埋没法があり、後者は切らずに済むことから人気の治療スタイルになっています。ただし埋没法は日にちが経つと糸が取れて効果が弱くなることもあるため、その点には注意が必要です。そこで、保証サービスがセットになっている美容外科を選ぶか、オプションで保証を付けられる場合は付帯しておきますと、一層安心して治療が受けられます。一重と二重では顔の雰囲気もガラリと変わりますから、見る人に好感を与える二重になりたい時は、美容外科の整形治療を利用しましょう。その場合は埋没法か切開法かを選ばねばなりませんが、治療方法は目的によってもある程度決められます。例えば、とりあえずぱっちりした目になりたいなら埋没法が良く、術後の腫れなども少ないため、ダウンタイムは少ない方が良いという人にもピッタリです。また、埋没法なら術後でもやり直しができるので、仕上がりがイメージと違ったらもう一回やり直して欲しい場合や、元へ戻して欲しい場合にも最適となります。ですから戻り道を残した状態で二重になりたいなら、埋没法で治療してもらうのが得策です。それに対しまして、末長い治療効果を望む際は切開法を利用するのが賢明となっており、この方法なら二重のラインが薄れることは殆どありません。そのうえ切開法ならマブタの脂肪を取り除きながら治療できるため、腫れぼったい目をスッキリさせて二重になりたい時にも活用できます。