様々な施術があります

施術

施術の種類と特徴を知る

顔の美容整形の中でも特に二重整形はポピュラーな治療です。治療を受けることで、ぱっちりとした理想の目元を得ることができますが、施術にも様々な種類がありますので、まずはその特徴や効果を比較しましょう。メスを使わない施術を希望するなら埋没法がおすすめです。これは医療用の細い糸を使って、二重のラインを作る施術です。糸を外せば元の状態に戻すことができますので、もしもラインが気に入らなくても比較的やり直しは簡単に行うことができます。ラインが取れやすいという欠点もありますが、最近はより技術も進化し、腫れや痛みも少なくラインも維持しやすい施術も登場しています。埋没法だけでは満足な結果が得られない場合は切開法も検討したいところです。こちらはメスを使って行うより本格的な施術で二重のラインを作りながらまぶたの余計なたるみ、脂肪も除去することができます。切開法も部分切開と全切開があり、それぞれの瞼に合う方法が選ばれます。メスを使うので埋没法よりもダウンタイムはやや長くなりますが、その代わり二重のラインが取れる心配はありません。瞼の腫れぼったさを取り除きたい人にも向いている施術です。美容クリニックで二重手術を受ける際は、美容整形初心者の人はまずは安心して施術を受けられる良い医療機関を選ぶことが大事です。各クリニックではどのような技術が提供されているのか、実績や評価も良く確認しておきましょう。良いクリニックが見つかった場合も、来院していきなり施術ということはありません。まずはカウンセリングを受け、それぞれの目元の悩みを医師に相談し、最適な治療方法を提案してもらうこととなります。カウンセリングの内容に納得ができたら、いよいよ二重整形の申込を行うこととなります。二重整形は、ただ二重瞼になればそれで良いというわけではありません。人それぞれ似合うラインは違いますし、似合わないラインを選んでしまうと不自然に見えたり、バランスが悪くなったりしてしまう可能性もあります。理想の仕上がりにするためにはカウンセリングが丁寧に行われていることも大事ですので、相談の際は医師の対応が良いかは良く確認しておきましょう。二重瞼整形は、美容整形の中でも体に少ない施術ですので、その日のうちに帰宅することができます。施術後はある程度の腫れや赤みもありますので、ダウンタイムを短くするためにも、アフターケアは正しく行いましょう。